必要なもの

  • /foo/boot.sh (プロセスを起動するためのスクリプト)
  • /foo/.env (必須じゃない、使うなら boot.sh の中で source /foo/.env とかして読み込む)
  • /etc/systemd/system/oreore-daemon.service (systemd に登録するための設定ファイル)

手順

boot.sh にはプロセスの起動コマンドを書いておく

#/bin/bash

source /foo/.env
java -jar /foo/bar/oreore-process.jar nogui
hoge.service はこんな感じ
[Unit]
Description=わかりやすいなまえ
After=network-online.target

[Service]
ExecStart=/bin/bash /foo/boot.sh
EnvironmentFile=/foo/.env
Restart=always # always にしておくとプロセスが落ちたときに再起動してくれる
User=root
Group=root

[Install]
WantedBy=multi-user.target

有効にする

$ sudo systemctl enable oreore-daemon

あとは sudo systemctl start oreore-daemon とかして起動する。 起動コマンドがシンプルで .env もいらないようなら ExecStart に直接起動コマンド書いてもいいかも。